租税特別法の問題点と解決策

法律 問題点

租税特別法の問題点と解決策

 私たち国民には、納税の義務があります。
納税の義務を果たすことは、大人としての責任です。
税といってもいろいろ種類があります。
私たちの生活に馴染みのある税などから、馴染みのない税もあります。
それぞれの税は、税法によって、それぞれ法律がありますが、それぞれの特例措置については、1つの法律でまとめられています。
それが、「租税特別措置法」です。
 租税特別措置法は、それぞれの法律の特例措置として、通常、期限が設けられて制定されます。
しかし運用上は、その期限は延長され続けます。
期限が来たら特別措置は廃止すべきですが、一旦そうしてしまいますと、その税制上の特別措置の存在が、納税側の前提になってしまうのです。
 その問題点を改善するには、特別措置は規定どおり期限後に廃止できるような税体制にすべきです。
そもそも特別措置に期限を設ける意味は、その期限までに特別措置を廃止できるような体制を整えることです。
そのためには、納税側の努力を必要ですが、税を総合的に見直すことによって、特別措置による補修作業なしに納税側がやっていけるような、徴税体制をとる必要があるのです。